2006年11月03日

■的中率と回収率について

■的中率と回収率について

もし仮に的中率10%、回収率190%の馬券の買い方と、
的中率90%、回収率108%の馬券の買い方があるとします。
あなたならどちらを選ぶでしょうか?
回収率190%のほうが108%より
いいに決まってるではないかという人が多いかも知れません。
でも本当にそうでしょうか?
私なら回収率108%の買い方を選びます。
なぜか?

計算しやすいように、
仮に年間100レース購入するとしましょう。
例もすぐにわかりやすいようにかなり極端に設定してみます。
的中率10%ということは10レース的中ですから、
逆に言えば90レースはずしているということです。
極端なことを言えば90レースはずした後に
10レース連続で当てても的中率10%ですし、
10レース連続で当てた後に
90レースはずしても的中率10%です。
現実には綺麗に10レースごとに
1回当たるわけではないということです。

そしてここが肝心なのですが、
いつ当たるのかわからないということが、
資金管理を難しくしてしまうのです。
当たる前に資金がパンクしてしまう恐怖が
常に付き纏ってしまうのです。
つまり心理的にも賭け金を大きくできないのです。
パンクを回避する為に賭け金が
どうしても小さな額になってしまいます。

そして回収率190%という数字は、
ただその時の結果にすぎません。
的中率が低い場合の回収率は
結果のブレが非常に大きくなります。
回収率25%かも知れないし、
回収率500%で終わるかも知れないのです。
これは難しい数学などを持ち出さなくても、
皆さん経験的になんとなく感じている
ことではないでしょうか?

では的中率が90%の場合はどうなるのか?
まずやってみればすぐにわかることですが、
資金が減りません。
PAT口座や財布にお金を足したりする必要は
ありません。
これが何を意味するかわかるでしょうか?

例えば5万円で馬券を買った。
はずした。
また5万円で馬券を買った。
はずした。
これを計9回繰り返し、
10回目に当たり、95万円の払い戻しがあった。
これで
50万円使って的中率10%、回収率190%です。

5万円で馬券を買った。
6万円の払い戻しがあった。
5万円で馬券を買った。
6万円の払い戻しがあった。
これを計9回繰り返し、
10回目にはずした。
これで
50万円使って的中率90%、回収率108%です。

しかし、ちょっと考えてみて下さい。
50万円を用意しましたか?
本当に50万円をあなたの財布から持ち出しましたか?
そうです。
そんなに財布には入れていませんよね。
実は最初の5万円だけしか使っていないのです。
ただそれを何度も繰り返し賭けていただけです。

つまり実際には5万円で、
1万円ずつ9回、計9万円の利益を出したので、
14万円に増えました。
そして最後に5万円を失ったので、
結局5万円が9万円になり、
4万円の儲けが出たことになります。
お金が1.8倍に増えました。

それにこんなに的中率が高いのであれば、
的中率10%の時よりも大きな金額を賭けても
全然安心ではありませんか?
的中率10%と的中率90%。
実際に用意するお金を同金額にして比較するなら、
理屈では10倍の金額を賭けても平気ではないでしょうか。

この場合はかなりの確率で540万円の払い戻しになります。
つまり50万円で、
10万円ずつ9回、計90万円の利益を出したので、
140万円に増えました。
そして最後に50万円を失ったので、
結局50万円が90万円になり、
40万円の儲けが出たことになります。

的中率10%で全くあてにならない45万円の利益を狙うのか、
的中率90%で安定した40万円の利益を狙うのか。
実際に用意しなければいけない資金に対しての
利益で考えてみて下さい。
これでも的中率90%、回収率108%の馬券の買い方は
効率が悪いと思いますか?

 

高い的中率と安定した回収率は、
地味に見えて実はかなりの破壊力があるのです。

posted by 単複の鬼 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ■的中率と回収率について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。